好きなことを好きなだけ

玉木宏さんと、嵐と、関ジャニ∞と、ディーンフジオカファンによる

24時間TV 相葉ちゃんの手紙

嵐さんの24時間テレビが終わりました。

 

 

色々と感動する企画がある中で、ファン的に一番胸にぐっと来た事について書きたいなと思います。

それは、24時間テレビ終盤の相葉ちゃんの手紙のコーナーを見ての事。

 

私が相葉ちゃんの手紙の言葉で、特に感動したことがありました。

 

『休止と書いてパワーアップと読むと思っています』という言葉。

 

休止発表から7か月。

周りは嵐ファンの心情など踏みにじるように「解散」だの言ったり、「解散」という形に持っていくようなことを無責任に言いますが、あの手紙を聞いて改めて「嵐は絶対帰ってくる、外野の言葉なんかに負けてたまるもんか」と思いました。

何度、周りがそういうことを言ったとしても、本人たちが「活動休止」と言っているのならばそうである事実は変わりません。

私は嵐ファンとしては短い方なのかもしれませんが、そんな私でも本人たちが「活動休止」というのならばそうなのだと信じているしそう思っています。

第一、あの発表からの彼らを見ていて、あれからの彼らの活動量とファンに対しての姿勢を見せられて、あれが本当に1年半後に活動休止する人たちの姿なのかと疑うこともあるくらいあまりにも活動にも言葉にも仕事の姿勢に至るまでもが完璧すぎて…。

 

勿論、本音を言えば、休止してほしくないし嵐にはずっとテレビの向こうに居てほしいし、いまだにその事実に呑み込めていない自分も居ます。

さみしい。嵐を見るたびに嵐の歌声を聞くたびに頭にちらつくんですから。

「2021年から活動休止する人たち」なんだってことが。

なのに、当の本人さんたちはそんな私の感情をいい意味で逆なでするように、眩しい位に笑顔でキラキラしているのだから敵わない。

 

嵐を見るたびに押し寄せてくる感情の波に押しつぶされそうになりながらでも、嵐5人が2年かけてファンの事も真剣に思って考えに考え抜いた結論と発表のタイミングならば、私は寂しいけれど彼らが帰ってくるその日まで待っていようと思います。

 

嵐5人の思う『トップの景色』が見られる、見せてあげられるその日まで。

嵐の事、絶対、周りに潰させない。

嵐を信じて、嵐の言葉だけを信じてます。

 

 

相葉ちゃん、温かくて、嵐愛に満ち溢れていて、でも固い決意の見える手紙を書いてくれてありがとう。

嵐のファンになることが出来て幸せだし、嵐からたくさんの幸せを貰って、嵐さんに対しては言い尽くせないくらいのありがとうの気持ちがあって、こんなにも胸に誇れる人たちのファンであることが幸せすぎます。

2020年12月31日になるその日まで、精いっぱい、目一杯、嵐に声援を送り続けます。

 

大野くん、櫻井くん、相葉ちゃん、二宮くん、松本くん、嵐さん。

 

活動休止に入っても、ずっとずっと待ってるから、嵐という大きな羽根を置いて、たくさん休んでまた戻ってきてね!

 

改めて、自分たちの言葉を伝えてくれてありがとう。

24時間テレビ、お疲れ様でした、ありがとう。

ファンクラブ。

私の一番大好きな人である、玉木宏さんのファンクラブからの突然のメール。

 

内容は詳しくは言えないけれど。

 

とても悲しくて寂しいものだった。

 

今は正直、メールの内容なんて全然頭に入ってこないし、整理がつきません。

どんなことが書かれていても、その事実しか見えなくて。

 

この先も玉木くんを応援し続けていくことに変わりはないし、大好きだという気持ちも変わることはないと思います。

 

ただ、ファンクラブがあったからこそ、これからも得られていくはずだったたくさんの思い出は、これからは得られないんだなと思うと寂しいと思ってしまいます。

 

ファン歴丸11年。

 

たくさんの思い出と、短い時間だけど贅沢な玉木くんとのふれあいの時間。

 

今言えることはただ一つ。

 

『玉木くんに会いたい』

 

国内イベントやってほしい。

 

一目で良いから会いたい。

 

もしもそんな時間がこれから先はないのかもしれないなら、。

国内公演ラスト参戦!

3月30日。

 

ディーンフジオカさんの新しいアルバムを引っさげた初のアジアツアーの国内ラスト公演へ行ってきました。

 

場所は、東京の渋谷にあるNHKホール。

*1


f:id:tama_eri:20190401203525j:image

 

とにかくその会場の大きさに驚きました。

 

一歩足を踏み入れて感じたこと。

 

『こんなにも大きくて素敵な会場でライブをするディーンさん、やっぱりすげぇっ!!』

NHKホールって言ったら、紅白歌合戦の行われる場所だったり、名だたる歌手やオーケストラが公演を行う場所というイメージだったから。

なんと表すと伝わるのか、私の言葉数では分からないけれど、、、。

 

とにかく、会場の雰囲気と熱気で、今夜は今までで1番の熱さになることはすぐに感じました。

 

そして、ホールを一通り見渡して広さに胸が一杯になって見上げて感じる天井の高さ。

 

きっと、音がよく響くんだろうな。。

 

そんなことを思いながら。

 

そして、いざライブ本番。

 

あ~やっぱり箱が箱だから。

響く響く!!

彼が私達に届けたい音、彼の歌声、息遣い、すべて。

ダイレクトに。

 

途中、その音を一音も聞き逃したくなくて、思わずペンライトを振るのも忘れてしまって聴き入るくらい。

 

その日参戦していて、今まで2回参戦してきて、この日は明らかにディーンさんの様子が違うなと感じていました。

 

曲によっては観客席に向かって、『歌って♫』と煽るときが何度かあるのですが、そのときに観客席を眺めるディーンさんの目が少し潤んでいるように感じたのです。

 

*2

 

日本でライブを出来ることの嬉しさなのか、何か違うことを思っていたのか、私には分かりませんが。

でも、確かに、今までで1番観客席を見つめる時間が長かったと思いました。

 

*3

 

たくさん歌って、聴くところは聴いて、精一杯ペンライトを振って、踊るところは楽しんで。

そして、肌でディーンさんの歌とエンターテイメントを感じて。

 

2時間と少しがあっという間に感じました。。

 

今ツアーは、

私自身はこの日がラスト参戦。

 

次いつ会えるのか分からない彼の歌声を、この耳に覚えさせ込み、目に焼き付けました。

 

ディーンさん、国内、お疲れ様でした!

 

今月からは海外公演。

 

どうか、安全第一で無事に終えられますように。

 

3公演、幸せをいっぱいありがとう♫

 

また遊んでね!

 

『グッバイ言うてもまた会えるよね!』

*1:道に迷いすぎて、スマホでナビしても辿りつけそうになく、何回も道行く人に道案内してもらいながらたどり着いた…。東京という街の恐ろしさをまた身をもって感じました…。

*2:とくに『echo』と『HistoryMaker』。

客席を見渡して、もっと声出してと言わんばかりのいつもの煽る手を止めて、じっと私達のいる客席を見渡す姿が印象的でした。

*3:echoの時に、それを一番感じました。

何度、出てきそうになる涙を堪えながら彼に歌声を届けようと声を枯らしつつ歌ったか。

DEAN FUJIOKAさんLIVEその2

こんにちわ。

お久しぶりの更新です。

 

今回は3月17日に参戦した、

LIVEについて書こうと思います。

(備忘録レベルですが(笑))

 

DEAN FUJIOKA

 

1st asia tour  Born to make history

 

名古屋 センチュリーホール


f:id:tama_eri:20190322205038j:image

 

大阪での参戦に次いで2公演目、名古屋♫

 

席は前から二列目。

まあ〜近くって近くって!!

今まで、色々なライブに行ってきたけれど、一番近いと言ってもいいくらいの近さ!

 

大阪ではよく見えなかったところとかがよく見えました♫

 

もちろん、ディーンさんのお顔もよく♡

登場した瞬間から、そのかっこよさに改めて惚れ直す連続で…(〃∇〃)

 

ライブの曲については、ネタバレになっちゃうので東京終わるまで割愛しますが、どの曲もディーンさんの思いの詰まった熱いサウンドの連続!!

 

DJタワーを操るディーンさん、ギターを弾くディーンさん、スタンドマイクに向かって歌うディーンさん、踊るディーンさん、全て素敵でした♫♫

 

大阪公演のときとはまた違うアレンジが何曲か加わっていて、まるで初めて聴いたような高揚感のあるサウンドにとても興奮!!

毎公演毎にアレンジを加えながら、こうやって進化させていくんだなって実感しました。

 

また、私自身の好きな歌を再び聴くこともできて、変わらない素敵な歌声とますます進化していくディーンさんのライブの高揚感を浴びまくりました!

 

名古屋公演で初めて気がついたところをひとつだけ。

 

彼の履いていたナイキのスニーカー。

黒地に金の刺繍入り!

これがまた衣装に良く似合っていて…😍

これを履きこなせるのは彼しかいないなって思いました😆

どの衣装も似合うし、何着ても似合うのですが、あの靴は特に印象に残っています。

 

 

去年の2月に初参戦してから4回目のライブ参戦になりましたが、

毎回毎回、行くたびにディーンさんの音楽に触れることが楽しくって、彼自身も音楽をやっている事が楽しいって思っていて楽しんでいるというのがよく伝わる楽しさが増していくライブ。

だから、こっちは身を任せて彼の奏でる音楽を楽しむだけ!おかけで、ライブの時間って楽しいからあっという間に終わってしまう。

 

参戦したあの日に会場にいた3000人のうち、何人が彼のファンなのかは分かりません。

もちろん、一般チケットで取った一見さんもいるかもしれません。

だけど、ライブ後にその人たちとみられる方々のツイートを読むと、確実に彼の音楽に魅せられて何かしら伝わっていることは分かります。

そんな力をもつディーンさんは本当にすごいなと思います。

この先、次のツアーのときまでに、また名古屋に来てくれる人が居たらいいなと思った名古屋参戦でした。

もちろん、ディーンさん、貴方もまた来てほしい人ですよ!

 

名古屋で、待ってます!

 

そして、国内オーラスまで、怪我なく安全第一健康第一で頑張ってください♫

言葉にすること

『好きを叫ぶ』

一見簡単そうに見えて、とても難しくて。

今こうして書いていても、頭では書きたいことのビジョンがぼんやりとでも見えていても、実際、うまく言葉がつながらなくてヤキモキするところ。。

いくら、目の前に話題があっても、その感情や思いをどう書いたらいいものか私にはいつも悩みの種としてあります。 

だから、いろいろなはてなブロガーさんの記事を見て、あんなにも上手に書けれる人が羨ましいなと思う。

 テーマもそう、タイトルも。

 

私が最初にここを立ち上げたときも、ブログタイトルにものすごく悩みました。

 

主とするテーマを掲げて立ち上げたわけではなく、何をどう書くのかすらも決めないまんま、ただただ思ったことを書く場所が欲しかっただけだから。

ならば好きな人の事、嵐や関ジャニ∞やディーンフジオカさんや玉木宏さんのことなど、好きなことを好きなだけ書く事が出来たらいいなあ。

そんな思いを込めてブログのタイトルを

『たまえりの好きなことを好きなだけ』

としました。

 

Twitterじゃあまりに反応が気になりすぎて言いずらいことも、ここでならいいかなと。

誹謗中傷や相手を傷つけるものでなければ。

 

もともと、私は長文を書くのが苦手で、小学校時代の読書感想文ですら一週間くらいかかっていた人。

そんな私が日頃思っていてもその思いを吐き出そうかと悩み始めたのがTwitterでした。

140字なら短いし何とか書けるのではないかと。

でも最初のうちは140字はおろか50文字すら書けないこともあった。

私のフォロワーさんの中には、内容に一貫性はないかもしれない私のツイートに、「果たしてこの人はこのブログで何を書きたいんだろう」と思っている人もいるかもしれません。

だけど、Twitterを始めて早6年。

拙いながらも文章を書く事が苦手だった私でも、楽しく今は少しずつ思いを文章に書けるようになりました。

140文字に思いを乗せて。

 

ただ、少しずつ書けるようになったといえども、フォロワーさんとのやり取りや、ほかの人のTwitterを読んだりして今も自分の表現力の乏しさを痛感する日々ですが。。。

 

もう少し上手に書く事が出来たらなあと思うこともたくさんありますが、もしもこのブログを読んでくださっている方がいるのならば、その人にちょこっとでも私の言いたいことが伝わったらいいなと思いながら書いています。

 

決して、私の書く文章は上手とは言えないし、他のはてブロガーさんたちのように上手い事分かりやすく物事を書ける人じゃありません。

それでも、日々ヲタク活動している中で感じる自分自身の心の内を整理して書き留めておく場所としておけたらいいなと思っています。

 

好きなことを好きなだけ書くために、

毎日ではなく不定期な更新で。

細く長く。

夢のその先へ送り続ける風。

『夢のその先』

 

これは、翔くんが、ライブ終わりのほうの挨拶でよく言う言葉。

嵐として、櫻井翔として、今までたくさんの夢を叶えてきたであろう人から出るこの言葉がとても大好き。

 

トップアイドルとか国民的アイドルと周りから言われることが増えても、常に前を向いて上を目指そうという姿勢が見えて。

私自身、推しには常に手の届かないくらい雲の上の目標的な位置にいる人でいてほしいから。

 

10周年のコンサートのDVDを見たときに初めて聞いて、「あぁ、この人はこの先もずっと上だけを見ていく人なんだろうな」と思いました。そして、まだまだやりたい事も目指したいと思える目標も見えている人なんだと。

その目標にたどり着くまで、目標や願望が形となって私達ファンにお披露目されるまでを見届けたいと思いました。

そして、私も翔くんみたいに、常に目標を持って居られるような人でありたいと。

 

違うアーティストさんの話になりますが、DEAN FUJIOKAさんもよく「ネクストレベル」という言葉をよく使います。

今よりもっとレベルアップさせなきゃという意味を込めて、。

彼もまた、現状より、更に上のステージに進むための努力をする事が、この世界で戦うモチベーションなのかもしれません。

 

ディーンさんも翔くんも。

生きているステージは違っても、目標を持ち続けているのはやっぱり一緒で。

 

やはり、人って、目標やあこがれを、生きている以上は明確にとまではいかなくてもなにかもっていたいものなんですよね。

目標があるから、少し辛いことでも頑張ろうって思える。

でもそれって、なかなか難しくて。

辛いことって逃げたいし、できれば避けて通れるなら避けていきたいもの。

 

でも、15周年の年に初めて行ったコンサート『THE DIGITALIAN』で初めて翔くんの口から自分の耳で聴いて、

そして2年前、「untitled」のときもその言葉を耳にして。

 

トップアイドルという重責と、嵐という看板を背負ってるのって、相当重たいはずだし、持ち続けることって容易じゃないのにその中で自分の目標を常に持ってこのアイドル界で生きている翔くんって凄いし尊敬という言葉では片付けられないほど凄いと日々思います。

逆に言えば、それくらいのプレッシャーに耐えられないようでは生きていけないのもアイドル界なわけで。

もしかしたら、そういうことすらも心地よいプレッシャーに感じているのかもしれません。

 

嵐って、

トップアイドルで、絶対的に周りから求められることって常人の私達からは想像もできないくらいきっと目に見えない苦労もあるだろうに、なんでこんなにも謙虚で努力に貪欲なのかなと思うことがありますが、きっとそれは「ファンに見せたい景色を見せるための努力をすることが嵐のモチベーションとなっている」からであって「ファンが嵐に見せてほしい景色を伝え続けていけば行くほど、その手を止めないで見せ続けてくれる人たち」だと思っています。

 

嵐さんがファンのことを「風」と表現するのも、そういうことなのかもしれません。

 

『夢のその先』

 

今まで必死で私達ファンのために『夢のその先駅』へのレールを敷いて導いてきてくれた嵐さんが活動休止中に見るであろう、今までだったら見えてこなかった見る時間もなかった景色。

どんな色をしていて、どんな音が聞こえて、どんな匂いがしましたか?

 

もしも、ほんの少しでも教えてもらえるのなら、活動休止後に復活することがあるのなら、教えてほしいです。

 

1991年

『ジャニーズ "嵐" 』駅発

 

嵐さん5人で始まった『嵐鉄道』。

地方駅発都会行き5両編成の電車に夢を乗せて。

だけど若干10代。いきなり渡された大きな乗り物。手探りながらも5人で手を取り合って今まで感じた事もないほどの大きな夢と周りからの期待を乗せてを運転し始めました。

ときに挫折したり、思ったように行かないこともあったかもしれないけれど、その手を止めることなく、たくさんの時間と努力で、お客さんを着実に増やしながら一歩一歩着実に歩んできました。

 

2021年『活動休止』経由

 

そんな彼らが、外の世界も見てみたいと初めて、運転してきたその手を一度止めることを発表した2019年1月27日。

正直、乗客としては戸惑った。

私達が今乗っている電車はどうなってしまうのかと。

このまんま廃線になるのかな?かと。

でも、嵐さんは言ってくれた。

『復活はあるよ!』と。

そう、途中下車して寄り道するだけ。

また、乗客と夢と希望を乗せて、走り出してくれると。

 

20xx年『嵐の夢のその先』駅着

 

私達を乗せてまた運転してくれるその日には、きっと終着駅がとても今まで以上に輝いて見えるはずと信じて。

 

虹色に輝く豪華列車『嵐』が、活動休止駅に停車していても、どうか素敵な姿で居てくれることを願ってやみません。

 

そして、活動休止駅に着くまでの窓からの景色も、目に焼き付けていたいと思います。

 

私達ファンは、どうやっても、嵐さんの先に立つことって難しくて、風となって風を送り続けることしかできません。

だからこそ、活動休止に入るまでの日々が素敵なものになるように、活動休止中も素敵なものになるように、いい風を送り続けることが大事。

 

嵐さんの『夢のその先』を

ファンの手で『夢』で終わらせる事のないように。

DEAN FUJIOKAさんLIVEその1

もう2週間も前になる話を、今更書いてる人なんてあまり居ないよなぁと思いつつ。

でも、自分の遠征記録として書こうと思います。

 

先月の2月21日、かねてより応援しているDEAN FUJIOKAさんのライブツアーの大阪公演に参加してきました!

 

ディーンさん初めてのAsiaTour!

 

『BornToMakeHistory』

場所:フェスティバルホール

 

f:id:tama_eri:20190306214208j:image

 

今回は前回(昨年の同じ頃にも同じ場所でツアーに参加してます♫)とは比べ物にならないくらいの神席に恵まれ、ステージから4列目というとんでもないところから参戦することができました。

 

まぁまぁまぁ、席着いた瞬間から改めて思ったその近さたるや想像以上過ぎて‥!

 

だからこそ、去年(2階席から)ではよく見えなかったディーンさんの動きや表情や仕草がとてもよく見えました!

そしてよく分かる。

 

ディーンさんのスタイルの良さ!

 

手足が長いのはもちろんの事、

細身の体なのにしっかり筋肉がついてて、腕の筋肉も程よくて、プクッとしたお尻がジャケットから見え隠れ♫

自分の目で間近で見ないとやっぱりスタイルの良さって実感できなくて‥。

あぁ‥やっぱりモデルやってるだけの事はあると、改めて思い知らされました!

ほんっと、スタイル良すぎて眩しかった‥。

 

ギター弾く姿のカッコよさももちろんだけど、歌っているときの色気も‥。

ある曲では客席を隅から隅まで見渡す姿に、胸がジーンと来たり。

2時間半中、ずっとディーンさんに釘付けでした(笑)

 

*1

 

ライブ序盤。

 

『人生色々あると思うけれど、

 今日を選んだこと、

 絶対後悔させません!』

 

この言葉通り、全曲に想いを乗せて聴かせてくれていると感じました。

 

日本に帰ってきて、日本でツアーをやれて、4月からは海外でもライブが出来る喜びが全身から歌声から溢れてきている気がしました。

 

ディーンさんのファンになって、

こんなにも素敵な歌声を知ることができて、

幸せなコンサートでした♫

 


f:id:tama_eri:20190306215419j:image

 

そうそう、大阪からの帰りの日、

初めて五代様に会ってきました!

何回も大阪に来てたけれど、

ちゃんとご挨拶するのは初めてで。

 

銅像を目の前にして、その迫力がものすっごく偉大に感じました。

 

五代様が作り上げてくださった大阪の街に、

五代様が縁で知ることのできたDEAN FUJIOKAさんという素敵な俳優さんのライブに来られたことの幸せ。

この先も、大阪という街を好きで居たいと、改めて思いました!

 

五代友厚様、

大阪を作り上げてくださって、おおきに!

 

また来ます♫

 

そして、ディーンさん、

次は名古屋!

 

名古屋のふぁむっこがお待ちしてます♫

*1:ライブの曲のことだったりは、ネタバレになるのと、私の記憶が少し覚えが悪いので割愛します